資料請求はこちら
kaigohokenseido

介護保険の財政構造

介護保険制度において、保険者の財政運営を国、都道府県、医療保険者が重層的に支える仕組みとなっています。
費用面負担では、給付費の約8割が実績に応じて精算交付される仕組みとなっており、微収面では、保険者自らが徴収する部分は給付費全体の1割未満となっています。介護保険給付の費用は、公費50%、保険料50%で賄われています。
保険料については、第1号被保険者と第2号被保険者の人口比で全体としての負担割合が定められています。人口の高齢化は今後も急速に進展します。

財源

nif_pic1
※厚生労働省資料