資料請求はこちら
fc_h

介護フランチャイズのメリットデメリット

 介護フランチャイズを活用することにより、今まで介護事業に参入したことのない方も本部の開業支援・介護仕組み・現場研修などのノウハウの取得や3年毎に改正される介護保険法の改正動向の情報また、第3者によるコンプライアンスのチェックなどが活用できます。介護業界の知識や経験などが無くても開業できるメリットがあります。また、介護事業運営のツール(各種書式)や介護保険請求ソフトなどが用意されているため、自身にて介護事業を立ち上げるよりは、低コストで短期間にて事業の立ち上げができます。人材採用支援や保険・求人の大口割引が活用できる場合があります。本部により支援方法が異なります。

介護フランチャイズのデメリットは、同じ屋号のブランドを使用している場合は、自社にて勝手に商標を変えることができません。また、本部によっては、独自のサービスを実施することもできません。ブランドの風評被害などがあった場合、被害を受ける場合があります。