資料請求はこちら
kaigokigyou_h

介護ビジネスで起業するには

介護保険のサービスを提供するには、都道府県や市区町村に申請を提出して指定認可を受ける必要があります。

指定認可を受けるには、申請者が法人格を有する必要があります。また、申請時に①人員基準②設備基準③運営基準をサービスの種類や規模によって満たす必要があります。

また、介護保険という税金・保険金を活用した制度となっているため、公共性が高くコンプライアンスが重要視されます。介護事業は、「介護保険内」の事業と「介護保険外」の事業があり、組み合わせて経営をおこなっている所もあります。

異業種から参入する場合に、注意しなければならないポイントは、

公共性が高くコンプライアンスが重要

地域密着度の高いビジネスである

と言う点をあげることができます。

様々な介護サービスがありますが、異業種より参入する観点で推奨度の各サービスを比較致します。(あくまで目安となります。)

kaigokigyou_pic1

※明確に差別化された事業モデル・コンセプトを持って取り組めば一番の推奨

※類似サービスの競合数との兼ね合いによる出店エリア選定がポイント

※サ高住=サービス付き高齢者向け住宅の略、住宅型有料老人ホームも同じ判断

kaigokigyou_pic2
 

※いずれも差別化戦略がとり難く中長期的にはプロが有利なサービス業態であるものの、訪問介護はヘルパー確保、福祉用具貸与は営業管理体制を整えることで勝機を見出すことは可能なサービスである。

※訪問看護サービスの運営難易度は高と設定していますが、とりわけ看護師採用及び継続確保が困難であります。看護師採用の目途を立てることが出来るなら、競合は少なく収益化は容易な事業であります。

 kaigokigyou_pic3

※いずれも運営難易度が高く、投資額が中程度~大きいことから異業種参入ではあまりお勧めできないサービスである。

※グループホーム及び介護付き有料老人ホームについては、運営難易度は高めであるが、競合も少なく事業開始できれば収益化は比較的容易なサービスである。

しかしながら、総量規制対象サービスのため、新規開設の権利を確保することが

困難である。万一、良質なM&A案件があった場合には要検討である。