資料請求はこちら
kaigo_sirvice_h

訪問看護

訪問看護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、利用者の心身機能の維持回復などを目的として、看護師などが疾患のある利用者の自宅を訪問し、主治医の指示に基づいて療養上の世話や診療の補助を行います。

■訪問看護の単位数

visit_care_pic

人員基準

種別内容

管理者

1 訪問看護ステーションごとに、専らその職務に従事する※1常勤※2の管理者を置かなければならない。ただし、訪問看護ステーションの管理上支障がない場合は、当該指定訪問看護ステーションの他の職務に従事し、又は同一敷地内にある他の事業所、施設等の職務に従事することができる。

2 管理者は、保健師又は看護師でなければならない。ただし、やむを得ない理由がある場合には、管理者として保健師及び看護師以外の者をあてることができる。その場合は、看護職員の常勤換算※3方法で2.5人以上には含まれない。

3 適切な指定訪問看護を行うために必要な知識及び技能を有する者でなければならない。

看護職員
(保健師、看護師又は准看護師をいう。)
訪問看護ステーションごとに、常勤換算方法で、2.5人以上となる員数を置く。
うち1名は、常勤でなければならない。理学療法士等(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士をいう。)
訪問看護ステーションの実情に応じた必要数を置く。
設備基準

■訪問看護ステーション

事務室
事業の運営に必要な広さを有する専用の事務室。利用申込みの受付、相談等に対応するのに適切なスペースを確保。

設備及び備品等
訪問看護の提供に必要な設備及び備品等を備える。
特に感染症予防に必要な設備等に配慮する必要がある。

■病院・診療所

事務室
事業の運営に必要な広さを有する専用の区画。

設備及び備品等
訪問看護の提供に必要な設備及び備品等を備える。
当該病院・診療所における診療用に備え付けられたものを使用することができる。