資料請求はこちら
fc_h

フランチャイズシステムとは

フランチャイズとは、ビジネスモデルの一つであり、商標・ノウハウ・商品等(フランチャイズパッケージ)を加盟店(フランチャイジー)にそれらを使用する権利を提供します。フランチャイズパッケージを提供する側を本部(フランチャイザー)と呼びます。
フランチャイズパッケージの発祥はアメリカです。

フランチャイズの業種

1.小売業
2.外食業
3.サービス業

フランチャイズのシステム数は、アメリカが約1500種、日本は、1100種とシステム数は、さほど差はないが、店舗数と売上高に大きな差があります。

日本でもフランチャイズシステムは、人気があり頻繁にフランチャイズの展示会が行われております。展示会におけるフランチャイズイズ本部の出展社数や来場者数なども近年では増えております。
その中でも、もっとも増えているのが、サービス業の介護関連・デイサービスであります。
高まる高齢化により、介護マーケットは増えつづけており、今後もますます発展するものと思われます。

フランチャイズシステムの中身

多くのフランチャイズチェーンは、本部(フランチャイザー)が商標・デザイン・ノウハウ・商品供給、等のフランチャイズパッケージを使用する権利を加盟店(フランチャイジー)に提供して、加盟金とロイヤリティをその対価として得ている。また、本部(フランチャイザー)からは、運営指導を行いフランチャイズパッケージの品質維持をチッェクするなどの為にスーパーバイザーと言われる人材が定期に加盟店(フランチャイジー)を訪問するために派遣している場合が多い。
スーパーバイザーは、商品の確認・指導や商標が守られているかのチェック、サービス品質の均一化指導、ノウハウや情報提供・運営指導などを加盟店(フランチャイジー)に対して行います。

加盟金

100万~1000万位(各フランチャイズ本部により異なります)

ロイヤリティ

定額10万や3~10%(各フランチャイズ本部により異なります)