資料請求はこちら
fc_h

介護フランチャイズの特徴

介護フランチャイズとは、介護事業所を行うにあたり、フランチャイズに加盟して介護事業を運営することを言います。

介護は形の無いサービスであり、飲食店や小売店のような、商品企画や物流によるメリットはありませんが、介護保険制度を活用しているため事業を行うにあたり、行政への開業の届出・介護保険法により日々のコンプライアンスの確認・介護サービス状況(質)など開業から開業後の運営に関して、高い専門性が必要になります。

そこで、介護フランチャイズを活用することにより、開業支援・介護仕組み・現場研修・マニュアル等を学びます。また、介護保険を活用していることから、コンプライアンスの順守が非常に重要なポイントとなっておりますので、その後フォロー体制の支援や介護保険法の改正の情報などを入手することができます。