資料請求はこちら
tyoukoureika_h

人口構造の変化

近年の人口構造を年齢別にみると、年少人口(15歳未満)の減少しおり、老年人口(65歳以上)の増加が著しく、少子高齢化が急速に進んでいます。人口構造の変化について、いわゆる人口ピラミッドにて見てみると、「富士山型」から、高齢化の進展によって、「釣鐘型」さらには、「つぼ型」に変わっていくことが予想されています。

jinkou_pic1

超高齢社会の到来
今後、高齢者が増えるにつれて、高齢者の要介護者の人口も急速に増加していきます。

jinkou_pic2

jinkou_pic3