資料請求はこちら
kaigohokenseido

介護報酬利用料金の計算方法

介護保険事業において事業所が得る介護報酬は、サービス種別ごとに料金が決まっています。また、利用者の要支援・要介護度によっても報酬の単位数が違います。また、1ヶ月当たりに介護保険を利用する限度額が介護度別に違います。また、介護保険を利用するエリアよっても地域単価というものが存在し、人件費を考慮した地域差があります。

介護報酬利用料金に関わる基準値
○サービス種類ごとの単位数
○要介護要支援ごとの単位数
○要介護要支援ごとの利用限度額
○地域区分による単位数(地域単価)

また、「加算」というものが存在し、受けるサービスにより料金(単位数)が追加されます。

介護報酬利用料金の計算方法

1ヶ月合計利用単位数(加算を含む)×地区別単価(地域単価)=介護費用総額(9割が介護保険から支払わる1割は利用者の自己負担)
事業所には、9割が介護保険から、1割が利用者から報酬が支払われます。

介護費用の総額が要介護・要支援ごとの利用限度額を超えると、10割が利用者の自己負担になります。介護保険内でおさめたい利用者の方が多数ですので、利用限度額を考慮する必要があります。

※2015年4月からの介護保険制度改正により、高齢者の所得に応じて、所得の多い高齢者は2割の自己負担となります。

クリックで拡大します。
calu_pic1

calu_pic2