資料請求はこちら
kaigohokenseido

介護保険制度とは

介護保険制度は、平成12年4月からスタートしました。
皆様がお住まいの市区町村(保険者といいます。)が制度を運営しています。
私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。
65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。
また、40歳から64歳までの人は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、介護サービスを受けることができます。

介護保険導入の経緯・意義

なぜこのような制度が導入されたかというと、それまでの問題点として、高齢化の進展に伴い、要介護高齢者の増加、介護期間の長期化など、介護ニーズはますます増大していました。
一方、核家族化の進行、介護する家族の高齢化など、要介護高齢者を支えてきた家族をめぐる状況も変化してきていました。
そこで、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組み(介護保険)を創設する必要があったわけです。

○ 自立支援・・・単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするということを超えて、高齢者の自立を支援することを理念とする。
○ 利用者本位・・・利用者の選択により、多様な主体から保健医療サービス、福祉サービスを総合的に受けられる制度
○ 社会保険方式・・・給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用

利用者から見た従前の制度と介護保険制度の違い

kaigohokenseido
※厚生労働省資料