資料請求はこちら

成功する介護事業社は何に投資しているのか?

こんにちは、ニッソーネット山下です。


前回の記事では・・・

「介護事業の9割は人材(人財)である」

という記事を書かせて頂きました。


「人材」を「人財」に育成することが介護事業で成功するポイントの1つですが、
実際に育成をどのように行えば良いのか?について本日は書かせていただきます。


介護職員の育成にはいくつもの方法がありますが
まずは基本の「資格」取得を促すことが重要かつ、分かりやすいと思います。


介護の資格体系は時代と共に変化していますが、
現在の介護職における資格は、以下のような体系になっています。


介護福祉士

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修


下から上に進むにつれて上級資格となります。


それぞれの資格について簡単に説明致します。


・介護職員初任者研修:介護の初歩を学ぶ資格。訪問介護職員は必須の資格になります。
           (施設介護職員は必須ではありませんが、取得するのがベター)



・介護職員実務者研修:概ね実務経験3年以上ある方が対象。訪問介護に必要なサービス提供責任者は
           基本この資格が必要です。(例外有り)
           また、数年後には介護福祉士受験資格の必須条件になる予定。


・介 護 福 祉 士:介護系資格の中で唯一の国家資格。


上記の資格3つが介護系の基本の3つの資格になります。


よって、資格をお持ちでない介護職員さんには介護職員初任者研修を、
介護職員初任者研修(またはヘルパー2級)を取得済みの方には介護職員実務者研修を、
事業所として取得を推奨することをまずは介護職員の育成として取り組まれてはいかがでしょうか?


もちろん、資格取得には受講料等コストがかかります。


多くの介護事業所は受講料等を本人負担にされていますが
介護事業で大切な「人財」に育てるためにも、出来る範囲で事業所が負担することも必要だと思います。


起業して事業を伸ばすには投資が必要です。


介護事業での必要な投資の1つは「人財」ですから。



  ┏◇─────────────────────────────
┌─╂  株式会社ニッソーネット 代表取締役社長 山下吾一
■━   福祉の教室:ほっと倶楽部
│    => 介護職員初任者研修について:http://goo.gl/7Ij84H
│    => 介護職員実務者研修について:http://goo.gl/srKWEI
□────────────────────────────────


この記事を書いた人

株式会社ニッソーネット 代表取締役社長 山下吾一

福祉の人材サービスおよび育成を行う株式会社ニッソーネット代表取締役社長。 弊社は「福祉のOnly One企業」を目指して、介護や保育をはじめとする福祉業界を専門とした人材サービス事業、教育・研修事業、施設運営事業を行っております。

お問い合わせ