資料請求はこちら

サービス管理責任者の就任要件(研修受講編)(大谷豪)

サービス管理責任者の就任要件(研修受講編)

 

みなさま、いつもお世話になります。
熊本市の大谷行政書士事務所の大谷豪でございます。
今日は12月30日。今年も残り2日となりましたが、皆様にとってこの1年はいかがだったでしょうか?
私はこの「介護起業ガイド」に参加させていただいたり、介護事業や障害福祉サービス事業に関して多くのご相談やご依頼をいただくなど、充実した1年でした。いろいろな方々に出会え、いろいろと支えられた1年でもありました。皆様、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

さて、第5回目の話題は前回のサービス管理責任者の就任要件(実務経験編)の続きで、研修受講編についてお話させていただきます。

 

研修の種類

サービス管理責任者は、実務経験年数だけでなく、特定の研修を受講・修了していなければ就任することはできません。
その研修は2種類あります。

①相談支援従事者初任者研修(講義部分)

②サービス管理責任者研修

サービス管理責任者研修は障害福祉サービスの種類に応じた分野の研修である必要があります。

障害福祉サービスの種類 サービス管理責任者研修の分野
生活介護
療養介護
介護に関する分野
共同生活介護
自立訓練(生活訓練)
共同生活援助
身体障害、知的障害又は精神障害を有する者の地域生活に関する分野
自立訓練(機能訓練) 身体障害を有する者の地域生活に関する分野
就労移行支援
就労継続支援A型
就労継続支援B型
就労に関する分野

就労移行支援及び就労継続支援A型は「就労」に関する分野の研修を受講・修了するようにしてください。

なお、相談支援従事者初任者研修もサービス管理責任者研修も各都道府県で年に1回ずつしか開催されません。各都道府県によってスケジュールが異なりますが、相談支援従事者初任者研修は夏頃の申し込みで9月頃の受講、サービス管理責任者研修は11月頃の申し込みで翌年1、2月頃の受講がおおよその日程です。詳しくは各都道府県の担当窓口にお尋ねください。

 

サービス管理責任者就任の経過措置

サービス管理責任者に就任するには、上記の研修を受講・修了しておくのが原則ですが、平成24年4月1日以降に新規指定された事業所については経過措置があります。該当する事業所は、事業開始(法人設立からではありません)から1年間は、実務経験年数さえクリアしていれば、相談支援従事者初任者研修とサービス管理責任者研修を受講・修了することを条件にサービス管理責任者を配置することができます。つまり、指定申請に必要な人員を暫定確保ができるということです。ただ、1年間しか猶予がありませんので、研修のスケジュールには十分注意しておいてください。

 

 

各種介護事業、障害福祉サービス事業の指定申請をお考えの方はぜひ一度お問い合わせください。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
会社設立、創業融資、障害福祉サービス事業指定、介護事業指定ならお任せください。
業務エリアは九州(特に熊本)、山口ですが、もちろん全国対応できます!
お問い合わせは、下記電話番号またはメールアドレスまでどうぞ。

 

電話               096-371-3616
メール              info@e-dokuritsu.com
ホームページ     http://e-dokuritsu.com/

 


この記事を書いた人

行政書士 大谷 豪

障害福祉サービス、中でも就労継続支援A型事業所や就労移行支援事業所の開設ならおまかせください。障害福祉サービスは職員、施設、場所に関してクリアしなければならないことがたくさんあります。豊富な経験で、開設に向けて見落としがちな部分もフォローさせていただきます。 どうぞお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ